MENU

お花の先生になるには?資格・収入・求人

お花の先生

日本の文化「華道」つまり、生け花を教えるのが仕事。華道にはたくさんの流派があって、主要なものだけでも30ぐらいはあります。本格的な華道の場合は作法も重要ですが、もう少しやわらかいフラワーアレンジメントとして人に教えることも可能です。最近は、ホテルや旅館と契約して、外国人観光客に教える仕事も増えています。

収入と休みは?

自分で教室を開いた場合月謝の目安は5000円~1万円が目安。自分の教室なら休みは比較的自由になります。教室運営=人口数に影響します。自宅で教える場合は場所代は不要ですが、生徒が通う交通の便も考慮しないといけません。教室を借りる場合は、月謝から場所代・苦熱費を支払いますので、そのへんの計算もきちんと立ててから計画しないと無理は禁物。

お花の先生になるには?

華道教室などで指導者の免状をとること。3~4年で取れなくもないが、実際に教室を開けるようになるには10年ぐらいの修業が必要になります。流派によっては専門学校や短大もあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人